オリジナルTシャツのプリントでも著作権は発生するって本当?    

オリジナルTシャツを作成していて一番楽しいのがやはりプリント面のデザインを決めること。
作る際には好きなキャラクターや、好みのデザインを付けたいと考えている人も中には居ることでしょう。
しかし、ここで気になるのがそれらの著作権。自分用なら問題ないのか?それともだめなのか?
とっても気になりますよね。
今回はそうした著作権について考えてみました。

・トラブル避けるために出来るだけ他デザインを扱わないことが望ましい

一般的には自分用である場合でも著作権が関わるケースでは他の製作者のデザインを
扱ってはいけないとする考えが多いです。
これは法的以前に、気づかない場所で制作をしていて後にデザインの本来の製作者が目にした時に
トラブルになりやすいためといわれています。特にTシャツは人目に付きやすいですから
そうしたことも起こらないとは言いきれません。
近年では海外のメーカーが日本のデザインを扱ったとしてトラブルになりましたし、
自分用で規模が小さいからといって、そうならない保証はどこにもありません。

こうした場合製作代行業者に頼んでいたケースでもふさわしくないと判断され断られることも十分ありえます。
そうしたやり取りで時間を使ってしまうのは依頼者、製作代行業者両方にとってデメリットになりますから
、出来る限り自分で考えたデザインを使ってオリジナルTシャツ作りをしましょう。

中には著作権を放棄したデザインも多々ありますが
使い方のガイドラインや公開範囲などが定められていることが多いので扱う前にチェックしてください。
また、扱う場合は本来の製作者にはしっかり連絡をとって了承を得るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です