Tシャツの黄ばみは何が原因?気になる対策も紹介します!

長い間収納したTシャツに出来やすい黄ばみ、悩みの種になっている方も多いのではないでしょうか。
特に白色のTシャツについているとものすごく目立ちますよね。
この黄ばみのお陰で衣類を着たい時に着れなかったという事例も数多く耳にします。
今回はこうした黄ばみの原因は何なのか、対策はどうすればいいのかを紹介していきます。

・黄ばみの原因は2種類に分かれる

Tシャツを長い間収納した時に出来る黄ばみの原因は主に2つに分かれます。
1つはTシャツ自身の汚れが洗濯で落ちきっていなかったことが原因で黄ばんでしまうケース。
洗った時には汚れが落ちたように見えたけど、実はTシャツの中にその汚れの成分が残っていたという場合です。

しかし、汚れるようなことをしていないTシャツにも黄ばみが出てしまっていると言うこともあります。
そんな時はもう1つの原因、柔軟剤や洗剤の成分が残ってしまって黄ばみに変化していることが考えられます。

これら2つの原因から起こるTシャツの黄ばみ、どうすれば対処できるのでしょうか。

・柔軟剤を使わずに漂白剤を使い良く洗うことが大事

黄ばみ対策として徹底するにはまず、黄ばみが残らないように柔軟剤を使わないで洗うこと。
柔軟剤を使っても洗浄して成分を落とせばなんの問題もないのですが
収納するTシャツに黄ばみを出てしまうことを極力避けたいのなら使わないほうが確実でしょう、
そして使った洗剤もしっかり落とすように濯ぎ密封して収納すれば黄ばみ対策としては万全です。

また、Tシャツに残った汚れから出来る黄ばみについても漂白剤を使ってしっかり汚れを落とせば簡単に対策できるでしょう。
この時選ぶ漂白剤は製品にもよりますが粉の酸素系を用いると浸けた時にTシャツの生地が痛みにくいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です