takashi のすべての投稿

Tシャツも合わせやすい今人気のサーフ系スタイルって?気になるその特徴を紹介します。

メンズ・レディース問わず人気の高いサーフ系スタイル。
Tシャツにも合わせやすいので服装のイメージとして意識している方もよく見かけます。
一体サーフスタイルとはどんな特徴のファッションなのでしょうか。

・発祥はマリンスポーツの服装から来ている

サーフスタイルという言葉が示す通り元々はサーフィンなどのマリンスポーツを好む人の
服装が始まりだったと言われています。
スポーティさや格好良さなど実用的でありながら魅力的であったその姿は多くの人が真似をするに
至りました、特に異性にモテるということから中にはマリンスポーツをしないにもかかわらず
ファッションを真似する人まで現れたといいます。
そうした陸サーファーと呼ばれた人達がスポーツに関係なく街中に着て行き流行したことで
サーフスタイルが出来上がったというのが通説です。

格好としては上にフィット感のある爽やかなカラーリングのTシャツとスウェットなどのボトムスを合わせるスタイルが
一般的ですがアレンジとしてボトムスにデニムなどスポーティではないものを選択するのも近年好まれています。
また、色合いにおいては暗さを感じさせない爽やかな色合いや淡い色合いを選択することが基本的なこととされています。

サーフスタイルは日本ではギャル男ファッションという名で親しまれ、渋谷系スタイルを経て
ついに男女問わずのスタイルとして認知されるまでになりました。今では元となった男性的な
コンセプトが女性向けデザインにも適用されカジュアル系ファッションの代名詞にもなっています。
そのため実は長い歴史のあるファッションなんです。

オリジナルTシャツのプリントでも著作権は発生するって本当?    

オリジナルTシャツを作成していて一番楽しいのがやはりプリント面のデザインを決めること。
作る際には好きなキャラクターや、好みのデザインを付けたいと考えている人も中には居ることでしょう。
しかし、ここで気になるのがそれらの著作権。自分用なら問題ないのか?それともだめなのか?
とっても気になりますよね。
今回はそうした著作権について考えてみました。

・トラブル避けるために出来るだけ他デザインを扱わないことが望ましい

一般的には自分用である場合でも著作権が関わるケースでは他の製作者のデザインを
扱ってはいけないとする考えが多いです。
これは法的以前に、気づかない場所で制作をしていて後にデザインの本来の製作者が目にした時に
トラブルになりやすいためといわれています。特にTシャツは人目に付きやすいですから
そうしたことも起こらないとは言いきれません。
近年では海外のメーカーが日本のデザインを扱ったとしてトラブルになりましたし、
自分用で規模が小さいからといって、そうならない保証はどこにもありません。

こうした場合製作代行業者に頼んでいたケースでもふさわしくないと判断され断られることも十分ありえます。
そうしたやり取りで時間を使ってしまうのは依頼者、製作代行業者両方にとってデメリットになりますから
、出来る限り自分で考えたデザインを使ってオリジナルTシャツ作りをしましょう。

中には著作権を放棄したデザインも多々ありますが
使い方のガイドラインや公開範囲などが定められていることが多いので扱う前にチェックしてください。
また、扱う場合は本来の製作者にはしっかり連絡をとって了承を得るようにしましょう。

10~20代の女性向けのTシャツ着こなし術を紹介します!

10~20代女性にも気軽に着こなせることで愛されているTシャツ、ティーンの活発さに合うアイテムとして
ファッション的にも重要とされています。
今回はそうした10~20代の女性向けのTシャツ着こなし術を紹介していきます。

10~20代は様々な服装が楽しめる時期でもあります、そのため
自身の個性や魅力、そしてなにより周囲に見せたいイメージが服装をコーディネートをする上で大切になってきます。
ですからTシャツも自身の好みに応じてまずは選んでみましょう。
そうすればそこから身体に合う服装を構築しやすいですし、何より好みで選ぶことでファッションが楽しくなります。

近年のレディースファッションスタイルは数多くの種類があり迷いやすいですが
基本的には、セクシー系、キュート系、クール系の中からイメージすると服装が決めやすいでしょう。
もちろんこれらを複合したイメージでも構いません、大事なのは自身に合う格好であり
まとまりがある服装になっているということです。

好みでTシャツを選んだ後はボトムスをチョイスしていきますが、こちらはTシャツに合うものや
前述した各イメージに合うものを選択していけば問題ありません。
具体的にはセクシー系ならショートパンツなどの素肌を見せたりフィット感のあるものを、
キュート系ならふわっとした印象与えるスカート+パンツ類、クール系ならデニムジーンズといった
感じでファッションを構築すれば良いでしょう。

もちろんキャップ、上着などの身に付けやすいアイテムや
女性ならではのピアス、ネックレスといったアクセサリー類で魅力をアップすることを
忘れないで下さい。こうした細かい工夫を重ねればさらに自身の魅力を強調出来るようになります。

Tシャツの黄ばみは何が原因?気になる対策も紹介します!

長い間収納したTシャツに出来やすい黄ばみ、悩みの種になっている方も多いのではないでしょうか。
特に白色のTシャツについているとものすごく目立ちますよね。
この黄ばみのお陰で衣類を着たい時に着れなかったという事例も数多く耳にします。
今回はこうした黄ばみの原因は何なのか、対策はどうすればいいのかを紹介していきます。

・黄ばみの原因は2種類に分かれる

Tシャツを長い間収納した時に出来る黄ばみの原因は主に2つに分かれます。
1つはTシャツ自身の汚れが洗濯で落ちきっていなかったことが原因で黄ばんでしまうケース。
洗った時には汚れが落ちたように見えたけど、実はTシャツの中にその汚れの成分が残っていたという場合です。

しかし、汚れるようなことをしていないTシャツにも黄ばみが出てしまっていると言うこともあります。
そんな時はもう1つの原因、柔軟剤や洗剤の成分が残ってしまって黄ばみに変化していることが考えられます。

これら2つの原因から起こるTシャツの黄ばみ、どうすれば対処できるのでしょうか。

・柔軟剤を使わずに漂白剤を使い良く洗うことが大事

黄ばみ対策として徹底するにはまず、黄ばみが残らないように柔軟剤を使わないで洗うこと。
柔軟剤を使っても洗浄して成分を落とせばなんの問題もないのですが
収納するTシャツに黄ばみを出てしまうことを極力避けたいのなら使わないほうが確実でしょう、
そして使った洗剤もしっかり落とすように濯ぎ密封して収納すれば黄ばみ対策としては万全です。

また、Tシャツに残った汚れから出来る黄ばみについても漂白剤を使ってしっかり汚れを落とせば簡単に対策できるでしょう。
この時選ぶ漂白剤は製品にもよりますが粉の酸素系を用いると浸けた時にTシャツの生地が痛みにくいです。

10~20代の男性向けのTシャツ着こなし術を紹介します!

Tシャツを一番多く着る世代として10~20代までの人達が挙げられます。
やはり学生であったり遊びで着用するなどでカジュアルスタイルでいる時間が多いというのが理由の1つでしょう。
今回はそうした10~20代の男性向けのTシャツ着こなし術を紹介していきます。

10代~20代の若年層の場合は様々なスタイルが似合いやすいのでそのイメージするスタイルに合わせて
Tシャツを選ぶのがまずポイントです。最初にTシャツでファッションの方針を決めてしまえば
コーディネートも大分楽になりますよ。

そしてスリムに見えるようなTシャツを選択した場合はデニムを合わせ、ゆったりしたTシャツを着崩したい場合は
ハーフパンツといった重すぎないボトムスをチョイスするなど、Tシャツの個性に合わせてアイテムを選んでいきます。
加えてキャップやアクセサリーもこの世代の魅力を引き出しやすいアイテムなので、お洒落に決めたい場合は
どんどん身につけていきましょう。

また、着こなしの見せ方の面では上着を身に付ける場合にTシャツをプリント面を出すようにするなど
細かい工夫もお洒落を構築する1つのポイントになります。

10~20代の男性のファッションとして定番人気なのがアメリカのストリートスタイルなどの動的な着こなしや
カジュアル系の要素を取り入れた異国情緒的なスタイルです、Tシャツの着こなしに迷った時は
これらを参考にすると良いでしょう。

注意点としては清潔感もファッションの大事なファクターなのでひげなどを生やしてる人は
手入れをしてTシャツやスタイルに合うようにしてください。
また、黒色が無難な色だからといって全体を黒色のアイテムでまとめないようにしましょう。
過度な暗さや年齢にそぐわないダンディさを付加する原因にもなります。